たった2週間の仕入れの旅だったのに、帰ってくるとすっかり秋らしくなっていました。
荷物も無事到着し、秋らしいアイテムが沢山入荷しましたよ。

1940年代と思われる素敵なコート。比較的薄手なのでさらっと着られそうですね。
P1020544.jpg

ポケットとボタンが可愛いチェックのジャケットにブラウンのレースアップフロントのドレス。
P1020531.jpg P1020532.jpg

ロングブーツやジャスティンブーツ達も入荷しています。
P1020533.jpg P1020534.jpg

赤に濃紺のベルベットの衿とカフのついたドレス。
P1020518.jpg

木彫りのテリアのブローチはフランスのものです。
P1020520.jpg P1020524.jpg

The 50’Sな細かいチェックのウールドレス。コートの様に使っても素敵。
P1020526.jpg

とても綺麗なつくりです。
P1020527.jpg P1020529.jpg

こちらも50’Sなチェックプリントのドレス。黒が入っているので合わせやすいですね。
P1020539.jpg

真ん中:ヴィクトリアンのブラウス  右:40’Sのジャケット
P1020542.jpg 





二週間の仕入もやっと終了しました!
パッキングをしてリストを作り、レシートを添付したり、輸出用のインボイスをつくったり・・・
最後の大変な作業です。買い付けだけならどんなに楽しいことか・・・

買い付けの最終日はいつも大好きなジョンとバーバラのお店へ行くことにしています。
この素敵なお店は72才のおばあさんのお店なのです。
何故こんな田舎に?といいたくなるようなところにポツンと建つレンガ造りの建物。
彼女はここでもう25年間もお店をしています。
わたしが初めてここを訪れたのは17年前。
この独特の雰囲気にすっかりやられてしまったっけ・・・
barbarashop.jpg

ジョンとバーバラはもとミュージシャンで、お店の冷蔵庫には二人が初めて出会った日の
写真が飾られています。二人はなんとその2週間後に結婚して、今年で結婚50周年だとか。
5年前、開店前の仕入に一人で来た私をとても暖かく迎えてくれた二人。
一人で心細かった私は、なんだかほっとして、涙が出るほど嬉しかったな・・・
訪れる度にジョンはオリジナルのCDをくれて、なぜか帰り際いつもケーキをご馳走になります。
そしていつもしっかりと暖かく抱きしめてくれる、テキサスのお父さんとお母さん、
私の理想の二人なのです・・・





| main |