暖かい日が続くようになっていろんなところで少しずつ、新緑が見られるようになりました。
セールも終わり、うちでも少しずつですが、新しいもの、出しています。

P1020997.jpg P1030008.jpg

ブリキのキャニスターセットや琺瑯の二段になったお鍋など、アンティークの新顔達。
 P1030009.jpg P1030010.jpg

こちらはフランスの陶磁器達。手に取ると不思議な温かみのある、味わい深いものばかり。
P1020993.jpg P1020994.jpg

P1020996.jpg P1020995.jpg

しっかりと作りこまれた小ぶりな椅子と折りたたみ椅子2脚
P1020999.jpg P1020998.jpg

他にもちょこちょこ、出してます・・・



相変わらず、バタバタしている店長です。なぜ私が最近バタバタしているかというと・・・
突然ですが、5月にギャラリーfeveにて前川千恵さんと二人展を行うこととなりました。
去年に千恵さんにお誘いをいただいて、私などにとても恐れ多いと散々悩んだあげくでしたが、
せっかくいただいたこの機会を大切にしたいと思い、できる限りのことをやってみようと思いました。

千恵さんは鞄、私はやはり、洋服です。
布はやはり、フランスやイタリアのデットストックのリネンを主に使うのですが、
それらは全てナチュラルな色なので染めてみたいなと思っていました。

そして、染めるなら本藍で染めてみたいと思っていました。
昔骨董市で藍染の布を初めて手にしたときに忘れられなかった、何年経っても美しい深い色。
そして一度染めた糸や布は強度が増し、虫もつかなくなるので長持ちするのだという藍。

せっかく結城に住んでいるので、結城紬の糸を染めていらっしゃる紺屋さんに
勇気を出してあたってみたのですが、昔から絹糸を染めていらっしゃる伝統ある染物屋さんでは
やはりなかなかリネンの製品染めをお願いできるところはありません。
やっぱり無理かなと諦めかけていたときに一軒の紺屋さんで自分で染めるならということで
藍染をやらせていただけることになりました。嬉しくて嬉しくて、飛び上がりそうになりました。

P1000004.jpg
これが”すくも”という藍の葉です。
これを御主人が発酵させ、一週間くらいかけて染めれる状態にもっていくのだそうです。
それからも温度管理なども大変で、「やり始めると、どこにも行けない、手がかかるよ」
とご主人はまるで自分の子供の様に藍のことを話されます。

P1000005.jpg
ここで染める作業をします。何度も藍につけては絞り、空気にあて、最後に水ですすぐのですが、
その瞬間、本当に美しい青い色となり、私は鳥肌が立ってしまいました。

P1000006.jpg
ご主人は本当にご親切に教えて下さり、藍染の良さや、桜染めのお話などもして下さいました。

人から人へ、長い間大切に伝えられてきた藍染。
人の手による、思いのこもった染物。
私の服で、ほんの少しでも、そんな素敵なことを伝えられたら嬉しい・・・

P1020969.jpg

あっという間にもう2月。
そして2月と言えば・・・ヴァレンタイン!
みなさん、準備はされましたか?

この時期の generaL STORE の定番 コートドールのチョコレート。

日頃の感謝の気持ちに、ちょっとしたものを・・・とお考えの方!
1883年から続く120年以上の歴史があるベルギーのチョコレートなんていかがですか?
ですが、誰かに…というより、自分に。という方も多いくらい、
さすがベルギーのチョコレートなので、ついついこの厚手の板チョコ2枚を食べてしまっちゃうんですよねぇ。
(毎年、私達スタッフもハマってしまうんです・・・本当においしい!!)


そしてチョコレートと一緒に、パートナーやお父さんに、定番ですがネクタイでも・・・

P1020903.jpg P1020908.jpg
Yves Saint Laorent

P1020914.jpg

P1020917.jpg P1020918.jpg
Chistian Dior ・ Pierre Cardin

もちろんビジネスシーンにもOKですので、
ヴィンテージ好きでなくても、ハイブランドのヴィンテージタイなら喜んで頂けると思いますよ!


さり気なく可愛らしい、こんなタイピンを添えるのもおススメです。
P1020971.jpg


あとは日頃の感謝の気持ちをいっぱい添えて・・・

| main |