6月も通常通り、毎週木曜日と第1水曜日はお休みさせて頂きます。お間違いのないように。

6月1日(水)・2日(木)・9日(木)・16日(木)・23日(木)・30日(木)

DSC01894.jpg

肩と背中に沢山のタックが入った藍染のドレスです。
フランスのデットストックの麻のシーツを使い縫い上げたものを藍で染めていただきました。

DSC01890.jpg DSC01889.jpg
たっぷり生地がとってあるので、ウエストを絞るとふんわりします。

裾は後ろが少し長めになっています。
今回は裾の長さの違うもの2枚です。
DSC01893.jpg DSC01892.jpg

ベルトを後ろで結んでもゆったりと着ていただけます。
DSC01898.jpg DSC01897.jpg

今期はこちらはこの2枚のみとなります。
藍は虫を寄せ付けず、布地を強化してくれる昔からの自然の恵みの染物です。
着るほどになじんでゆく昔のフランスの目の詰まった生地と美しい藍の色合いの変化を楽しんで下さいね。


by c
使い込まれた感がちょうど良い雰囲気を出してくれるアイテム達が仲間入りしました。

DSC01907.jpg

アイスクリームパーラーで使われていたことから名前が付いた、アイスクリームチェア。
脚や背もたれの鉄がネジネジして出来ています。
小さくて、白の鉄なので、なお可愛らしいですね。
DSC01909.jpg DSC01908.jpg

白のペンキの剥げ具合が、甘過ぎず良い雰囲気です。
DSC01911.jpg DSC01913.jpg

時間が経ったからこそ出るこの艶のある飴色の藤・・・アンティークならではです。
革ベルトだけでなく、蓋や両サイドにも革の持ち手が付いています。
ピクニックに持っていくのも楽しいですし、収納出来るインテリアとしても素敵です。
DSC01904.jpg DSC01905.jpg


今日ご紹介するのは、シルエットもプリントも1950年代らしいワンピースです。

ベストと2PCSになったボウタイカラーのワンピース。
グレー×ホワイトなので、総プリントでも落ち着いた印象です。
ベストと組み合わせなくても、タイカラーが十分ポイントになってくれますね。
DSC01881.jpg DSC01882.jpg

DSC01883.jpg


なんといっても、グリーン×ブルー×ホワイトのフラワーモチーフのようなプリントに惹かれるワンピース。
テーラードカラーにプリーツスカートと50'Sの定番ですが、この配色にこの模様で、一気に可愛らしくそして爽やかに。
白いお花のようなダブルになったボタンもポイントの1つです。
DSC01885.jpg

DSC01886.jpg DSC01902.jpg
オールドマンズテーラーさんのアトリエは山梨県富士吉田市。
織物産業で栄えた街だそうで、今やリネンといったら必ず名前が挙がる『R&D.M.Co-』や『ALDIN』は
ご兄弟で手掛けているブランドです。

布地をデザインし、糸を選び、配色を考え、機械で織り上げ、洗濯にかけ天日干しをして・・・と、
1つ1つの工程を家族や職人さん達で作り上げているキッチンクロスなどは、定番商品として当店でずっと扱っていますが、
フランスのアンティークリネンのように、日常でずっと使いたくなるようなアイテムです。

そして、今回ご紹介するストールも、もちろん全て日本製です。
少し肌寒い時でも今日のように日差しが強い時でも、いつも持ち歩いていたいアイテムですよね。
またコーディネートに色を足したり、まとめたりするのにも、この1アイテムプラスするだけで雰囲気が変わったりするので、
とても便利なアイテム。


まずは 105cm×105cm スクエアの大きめショールです。
ブラックとホワイトの糸で織ってあるので、全体はグレーっぽい印象なので取り入れやすいですね。
端にはブラックとホワイトのタッセルも施されています。
柔らかく肌なじみの良いリネンなので、羽織ったり巻いたり…と色々と楽しめそうです。
DSC01762.jpg DSC01763.jpg

こちらは50cm×200cmのカーキとベージュのストール。
少し張りのあるリネンは、使っていくうちに柔らかいコットンガーゼのような手触りになっていきます。
この張り感がお好きな方は、手洗いで洗ったあと少し広げて乾かすと、自然なしわと張りのある感じに仕上がるそうです。
DSC01765.jpg DSC01766.jpg


DSC01772.jpg DSC01771.jpg

来月には、こだわりの製造過程や想いなどが綴られたオールドマンズテーラーさんの書籍が発売されるようです。
作り手の想いなどが伝わると、使う側としてもその作り上げられたものへの気持ちがさらに込められて、
益々好きになりますよね。

*6/20までこちらの記事がトップです。新しい記事は下に更新されています

SOMETHING OLD and FLOWERS
ヴィンテージウェディングドレスと花のブーケ展

日時:6月18日(土)~20日(月) 11:30 ~ 18:00
場所:famille敷地内 納屋

DSC01676.jpg

結婚式で身につけると幸せになれるというsomething fourの言い伝え。
そのひとつに「something old」(何か古いもの)があります。
美しい生花のブーケを持ち、ヴィンテージの古いドレスに身を包む。
そんな幸せな未来の花嫁の為に・・・

いつも納屋で素敵なお花屋さんを開いてくださるInter Flower Designs高橋さんによるブーケ等の展示と
generaL SOTREでレンタルしているヴィンテージのウェディングドレス・ヘッドピース・ヴェール・グローブ
全ての展示を行います。(当日ドレスの試着は出来ませんが、後日の試着の予約を受け付けます。)

こちらにもウェディングカタログを載せていますが、全種類展示するのは初めてです。
この機会に是非ご覧になってみてください。
               
本日も新しいブーケを持ってきて頂いています。
見ているだけで、夢が膨らみますね・・・

18時まで展示しています。お待ちしています。

DSC01871.jpg DSC01870.jpg

DSC01858.jpg DSC01853.jpg

DSC01820.jpg DSC01851.jpg

DSC01859.jpg DSC01855.jpg
本日より3日間、famille敷地内 納屋にて、
generaL STORE & Inter Flower Designsさん によるヴィンテージウェディングドレスと花のブーケ展を行っています。

ドレスやブーケのご相談、試着の予約なども受けていますので、これから結婚式を控えている方。
いつかこんなドレスを着てこんなブーケ持ちたいなぁ…、結婚10年目の記念にもう一度…など、
どなたでも見て頂けますので、お気軽にお越しください。

DSC01815.jpg 

DSC01826.jpg DSC01817.jpg

DSC01824.jpg DSC01825.jpg

DSC01823.jpg DSC01822.jpg


DSC01834.jpg DSC01836.jpg

DSC01828.jpg DSC01829.jpg


心地よい音楽の中、花の良い香りに包まれるこの空間で、
ヴィンテージのウェディングドレスを見ていると、なんだかとっても神聖な気分に・・・

familleも本日ウェディングパーティーでしたが、6月の週末ですから世界中で幸せな時間を過ごしている人がいるのですね。



今回はチェコのデットストックのヘンプと思われる生地を使った作品です。
来ていくうちにしっくりなじみ、なんといっても涼しく軽やかなのです。

セーラードレス 前後に大きなタックをとっており、後ろはレースアップになっています。
DSC01773.jpg


一枚でも着れるタンクトップ。サイドにベンツが入っています。
DSC01779.jpg


落とした肩と袖ぐりにギャザーがたっぷり入ったジャケット。
DSC01790.jpg

ウエストとポケットにギャザーを入れた巻きスカート。
DSC01807.jpg


丈などはご希望に合わせてお作りいたします。
生地は裁断前と縫い上げた後、2回洗いにかけてあります。
全行程を二人だけで行っていますので、お時間を頂きますがご了承下さい。
ボレロを羽織っているようなヴィンテージらしいデザインのブラックワンピースが入荷しています。
ブラック×ホワイトの水玉のボタンとサッシュベルトが効いています。
ブラックでタイトスカート…だと大人っぽい印象になりがちですが、この水玉が入っているだけで、可愛らしさもアップ!
フォーマルな場面でのブラックのワンピースの中でも、一味違った印象を与えられると思いますよ!

DSC01729.jpg

DSC01734.jpg DSC01732.jpg

K
”Whiting & Davis”のメタルメッシュバッグが入荷しています。
1876年創業のメタルメッシュの老舗中の老舗。
現在はBEAMSなどともコラボしているようです。
メタルメッシュにセルロイドの口金とチェーンがなんともヴィンテージらしいバッグ。
デニムなどとのカジュアルなコーディネートにも合いますね!
DSC01726.jpg

DSC01727.jpg DSC01741.jpg


約16cmのとってもつばの広いヴィンテージハット。
リボンもコサージュも何も付いていないので、上品になり過ぎずシンプルに被れそう。
日差しの気になるこれからの季節には大活躍ですね。
DSC01724.jpg DSC01725.jpg


K
グリーンのガラスのスナックセットが入荷しています。
テーブルが一気に爽やかになるようなキレイなグリーンのガラス。
足付きのカップなので、これ単独で使うのももちろんアリ!です。

DSC01717.jpg

DSC01719.jpg DSC01723.jpg

次回の買付けまででご紹介出来るスナックセットは、これで最後です。
4セットあります。数を揃えたい方は、お早めに!

K
これからの季節はますます使いたくなるガラスの器が入荷しました。
昨日のあの日差しの強く暑い中、ご本人達が納品に来てくれましたよ。

まずは、栃木県茂木町に工房のある 伊藤 亜木さん の作品。
何にでも相性が良さそうな気泡の入ったグラスや、それを一つ置くだけで一気に涼しげな印象になる箸置きや花器。
ワイングラスももちろんワインなどのアルコールだけでなく、ジュースなども飲みたくたくなるようなちょうど良いサイズ感。
DSC01702.jpg

DSC01703.jpg



そして、茨城県笠間市に工房のある 山口 起久恵さん の作品。
写真一番奥の気泡の入ったグラスは、ゆがみの口になっていて、これでビールを飲んだらさらに美味しそう…なグラス。
らせん状のように模様の入ったモールシリーズは、片手サイズにちょうど良いグラスやピッチャーだけでなく、
飴玉のような取っ手のついたポットも。ポットの大きいタイプは、スプーンまでガラス!
DSC01704.jpg

DSC01716.jpg


お二人は、役目を終えたビンや窓ガラスなどの再生ガラスを使って作っています。
新しく生まれ変わったガラスは、アンティークのガラスのように表面がゆらゆらとしていて、少し厚みがあってぽってりとしていて・・・
吹きガラスならではの柔らかく優しい印象・・・

特別な時だけでなく、ぜひ日常に使って頂きたくなるような器たちです。


K
ブラックの夏小物が入荷しています。


”Saks Fifth Avenue”のカンカン帽。
リボンもストローで出来ているので総ブラックだけど重すぎず、大人もかぶりやすいカンカン帽ですね。
DSC01687.jpg

DSC01688.jpg DSC01689.jpg

”Neiman Marcus”のストローハット。
浅目のクラウンとベルベットのリボン、そしてピン・・・上品です。
DSC01693.jpg

DSC01694.jpg DSC01695.jpg

ブラックのルーサイトのカゴバッグ。
ベルトの部分のマーブル模様になったルーサイトが何ともキレイですね。
DSC01696.jpg

DSC01698.jpg DSC01697.jpg

夏素材で、重く暑苦しい印象にならないブラックコーディネートを楽しみましょう!

K

| main |