荷物が無事届き、チェックして洗って・・・店頭にはアンティークコレクティブルのガラスものが入荷しています。

まずは、どのシーズンも人気のスナックセット。
今回はキレイなカットの入ったスナックセットと出会う事が出来ました。
光によってキラキラと輝いて本当に綺麗です。
DSC02611.jpg DSC02612.jpg

年々見かけなくなっているFire Kingは状態の良いホワイトのソーダマグや、HERSHY'Sのサンデーミニグラス、Ballのメジャー付きソルト&ペッパーなど見た目も可愛いアイテムも入荷しています。
ガラスだから普段使うのが少しこわい…という方もいたりしますが、実はとっても便利なOld Pyrexの片手鍋。
うちの店長はお味噌汁やスープを作る時にちょうど良くて、取っ手部分を取りはずして冷蔵庫に入れたり出来るから便利と言って愛用しています。
DSC02613.jpg DSC02615.jpg

秋冬のメンズも入荷しているので、次回ご紹介します。

k
”フランスの最も美しい村”の一つ、アンドロワ川沿いの村、モントレゾール。
day2-11.jpg

古い城壁のまわりで、石畳の上で写真を撮ったり、はしごを上るふり?をして遊んでいると・・・
day2-5.jpg day2-6.jpg

おじさんが熱心に「素敵なお城だから中も見て行って」と誘われてしまった。
日本語のガイドブックもあったし、せっかくなので見学することに。
11世紀に建てられ、1400年代に改装、1800年代以降はポーランド伯爵家が引き継いでいるお城だそうです。
城主はかなり狩り好きだったようで、リアルな剥製と狩猟道具が沢山飾られていた。
そして2階のサロンには木目麗しいグランドピアノが。ここでの暮らしはどうだっただろう・・・?
なんだか寂しげに感じたのは年月が経ちすぎているからか、私が庶民すぎるからなのか・・・?
day2-7.jpg day2-9.jpg

マリア像も年季が入っています。
お城や村の建物に使われてる石灰質の石は、空気にさらされることで更に強固になり白さを増すんだとか。
day2-8.jpg day2-10.jpg

続いては大都会トゥールへ。古い木組みの家が並ぶ旧市街でランチの予定でしたが、
タルトタタンがひびいてお茶のみでした。
ファミーユ店主とまりちゃんだけが買い食いに走ってた・・・でもいつも痩せてる二人・・・。
day2-12.jpg

次に向かった美しい村はほぼ隣同士にあるカンド・サン・マルタンとモンソロー。
どちらもお店もレストランもほとんど見当たらない小さな村。
2-13.jpg 2-14.jpg 

やっぱり石灰質の建物で"白い街"のイメージ。これで道も石畳だったら素敵だっただろうな。
意外と見どころがなかったので早めに今夜の宿へ行くことに。
2-16.jpg 2-17.jpg

この地方ではなかなか農家などのシャンブルドットは見つからず、大体が小さなシャトーを改装したものでした。
HPで屋根裏部屋が可愛かった Le Mesangeau へ。蔦に覆われたお屋敷といった感じ。
110909_165909.jpg

定休日  10月5日(水)・6日(木)・13日(木)・20日(木)・27日(木)
臨時休業 10月8日(土)

ちーさんの2011・フランス旅行記が始まりましたね。
2日目以降は、ロワール地方ならではのシャトーに泊ったりしたので、
普通の日本人の私達の生活スタイルとは違い夢のような感覚の連続でした。ぜひぜひお楽しみに!

9月の上旬に行ったフランスでも一足早く秋を感じてきたのですが、
今月中旬に行ったアメリカ仕入れでも、赤や黄色に染まった木々と、車を走らせていると見える遠くに広がる山々。
朝から晩まで動き回っている中、そのだだっ広いアメリカの大地と広がり過ぎる程の景色に何度も癒されました。
写真に収めてみるものの、やはり肉眼で見るのとは違って、このだだっ広さが全然伝わらない…となり、
またやっと一息つける深夜にはブログを更新する気力もなく…あっと言う間に結城に戻ってきました。

前置きが長くなりましたが…
今日は、紅葉の秋と冬が楽しみになるような今回の買い付けの手持ち分が入荷したので早速ご紹介したいと思います。

1950年代 ブラウン2PCS
ビッグカラーにリボンが施されているヴィンテージらしいスーツです。
2PCSは普段なかなか着る機会がない方が多いかもしれませんが、セットで着なくてもジャケットやスカートをそれぞれ他のものと合わせてコーディネートも出来るので、着回しの効く素敵なアイテムです。
DSC02535.jpg

DSC02536.jpg DSC02538.jpg


1950~60年代 ブラックパーティードレス
ローウエストに、リボンになるタッセルが施されていて、綺麗な女性らしいシルエットが出る大人っぽい印象のドレスです。
ネックレス映えのするVネックもパーティドレスには欠かせないポイントですね。
DSC02542.jpg

DSC02544.jpg DSC02543.jpg


1950~60年代 総レースパーティードレス
上品で優雅な印象の美しいドレスです。
ウエストだけでなく、スカート裾のあまり見えない所にもリボンが施されています。
綺麗な肌にそのレースを重ねれば、アクセサリーを身に付けなくても十分なくらいの存在感を惹きだしてくれます。
DSC02548.jpg

DSC02550.jpg DSC02552.jpg

DSC02556.jpg


1950年代 ホワイトボレロ
ビックカラーに手で施されたトリムとラインストーン。
冬をイメージさせるホワイトがパーティーシーンに映えそうです。
DSC02545.jpg

DSC02547.jpg DSC02582.jpg


1950年代 ブラック/ブラウン チェックワンピース
日常にも着やすいボウタイカラーのワンピース。
丸首のカーディガンから襟をだしたり、ジャケットなどの重ね着とも好相性です。
DSC02557.jpg

DSC02558.jpg DSC02561.jpg


1950年代 グリーン起毛ショートコート
夜撮った写真では分かりづらいですが、キレイなグリーンのコートです。
暗くなりがちな秋冬コーディネートの良いさし色になります。
襟元がさらに可愛らしさをだしてくれます。
DSC02567.jpg

DSC02568.jpg DSC02569.jpg


1950年代 ネイビーロングコート
すらっとしたシルエットがキレイな、シンプルなコート。
目を惹くヴィンテージボタンが全体がシンプルだからこそ効いてます。
襟元にブローチを付けても素敵です。
DSC02563.jpg

DSC02564.jpg DSC02566.jpg


1950年代 ブラウンロングコート
コーディネートしやすい人気カラー ブラウンのコートです。
ビックカラーとさり気ない切り替えが後ろ姿も素敵に魅せてくれます。
帽子やグローブと合わせてクラシカルに着こなしたくなる1枚です。
DSC02577.jpg

DSC02579.jpg DSC02580.jpg


コートやジャケットの裏地は贅沢にもシルクなどを用いていたり、デザイン的にはあまり見えない所でもリボンや刺繍が施されていたり…
ヴィンテージの良さは、今にないようなぱっと見て分かるデザインだけでなく、素材や見えないところも手をかけて作られている…そういう所も大きな魅力の一つです。
DSC02572.jpg DSC02581.jpg

今週には送った荷物が届く予定です。
ヴィンテージの洋服や小物だけでなくアンティークの雑貨もキレイにして続々入荷予定ですので、お楽しみに。

k
アメリカ仕入から戻り、フラフラの店長です。
いろいろと新しい商品も入っています。是非、のぞきに来てください。

遅くなってしまいましたが、たくさんリクエスト頂いたので、今年もフランス旅行記を。
今年のフランスの旅はぎりぎりまで悩んで、今後の仕入に役立つかもと
私とかなちゃんの下心満載でサントル・ロワール地方に。

空港からレンタカーでそのままパリの南のシャンブルドットへ。
8時ごろになっちゃうとマダムに伝えていたけど、パリ周辺の渋滞と工事で道が変わっていて
着いたのは10時頃。それなのにとてもあたたかく迎えてくれたお二人。
とても素敵なマダムとアーティストのムッシュ。
古い農家を改装したお家はとても素敵。Les Deux Saint's Jeanday2-2.jpg

食事もお願いしていたので、11時からのディナーになってしまった。
大きな燭台の下でまるでレストランの様な美しいセッティング。
そして、お料理もとても美味しかった!
day1.jpg day1-2.jpg

泊まるところでディナーが出来るとそのまま眠れるのがいいところ。
お部屋はどこかエキゾチックに美しく装飾されて、でも温か味があってとても快適でした。
day1-3.jpg 110908_142556.jpg

朝、外を見るとマダムがお庭でお花を摘んでいた。
この素敵な朝食のセッティングの為だったんですね。こんなおもてなし、嬉しくなってしまう。
110908_151108.jpg day2-1.jpg

ムッシュは私達一人ひとりにご自分の宗教画のポストカードをプレゼントしてくれた。
欲しい絵がみつからなかったまりちゃんにはなんと本ごと!
私がフランスの古い服が好きたと言うとマダムは、
「私、前に映画のスタイリングをやっていたからあなたにあげられるものがあるわ」
と古い農民の作業着をプレゼントしてくれた。
もっと色々話したかったな・・・と素敵な二人に後ろ髪を惹かれながらも出発。

目指したのはタルト・タタン発祥の地、ホテル・タタン。
そしてもちろん全員タルト・タタン。
フランスサイズでしたがさすが、ペロッとたいらげられる美味しさ!
day2-3.jpg day2-4.jpg

この地方はロワール川沿いのお城が有名ですが、あんまり豪華な建物に興味のない私達は
いつものごとく”美しい小さな村”巡りをすることに。
では続きはまた後日。



ヴィンテージの洋服だけでなく、アメリカやフランスなどのヨーロッパの雑貨も入荷しています。
DSC02501.jpg

焦げ茶の鉄トランクやブラックの珍しい鉄の額など。
トランクの中は一面 楽譜が貼ってあります。おそらく昔使っていた人が、内側の直しをした時に貼ったと思われるのですが、
なんて素敵なアイデア!
DSC02502.jpg DSC02503.jpg

5本キャンドルが灯せる燭台やフランスのワイングラス、ブレッドバスケットなど。
当店は1本タイプが多いですが、今年行ったフランスのシャンブルドットでも大きな燭台がダイニングテーブルにあって、そんな日常が本当素敵でした。(フランス旅行のお話はまた今度…!)
グラスはアンティークならではの表面がゆらゆらとして ぽってりとしているところが良い感じです。
DSC02505.jpg DSC02508.jpg

フランスのバラのステンシル柄スープ皿や、イギリスの陶器のポットなど、温かみが感じられるような食器たちや、
こちらもフランスやイギリスの赤茶のホーローアイテム、珍しい小さいポットなども入荷しています。
DSC02515.jpg DSC02520.jpg

また、エンボスが綺麗なだけでなく写真のコーナーもきちんと付いて機能的なアルバムや、
白×焦げ茶のルーバーシャッターも実際に使えて、かつ、素敵なアイテムも。
DSC02528.jpg DSC02512.jpg

自分のお気に入りのコーナーに置きたくなるような鏡は、
左:16×12cm ・ 右:32×32cm と、小ぶりなタイプです。
DSC02530.jpg DSC02533.jpg

この他にも、緑のペイントがしてある木の子供椅子やはしご、たっぷりと入るポストなども入荷しています。
DSC02534.jpg

店内だけでなくデッキなど、あちこちに入荷しているので、じっくりお気に入りを探して下さい。

K
昨日に引き続き、ヴィンテージアイテムが続々と入荷しているので、ご紹介します。

1950年代 ホワイトカーディガン
パールビーズなどで描かれた花が美しく、フォーマルにもカジュアルにも着こなせるアイテムです。
シンメトリーのデザインのフロントに対して、後ろの肩の辺りはアシンメトリーになっていて、後ろ姿も美しいです。
DSC02483.jpg

DSC02484.jpg DSC02485.jpg

1950年代 ブラックジャケット
楕円型のヴィンテージボタンがポイントのジャケットです。
首元にネックレスだけでなく、テーラードカラーにブローチをしたり…なコーディネートも素敵です。
小さいですが、ポケットがあるところも良いですね。
DSC02495.jpg

DSC02527.jpg DSC02496.jpg

1950年代 ブラックジャケット
こちらも同じブラックジャケットですが、リボンが施されていたりするので、どちらかというと可愛らしい印象のジャケットです。
スカートやワンピースだけでなく、デニムとも好相性です。
DSC02492.jpg

DSC02493.jpg DSC02494.jpg

1960~70年代 チェックケープジャケット
テーラードカラーでクラブチェックのポンチョ…女性らしいワンピースでも、マニッシュな雰囲気になって格好良く着こなせます。大きめのボタンも効いていますね。
DSC02470.jpg

DSC02472.jpg DSC02471.jpg


1950年代 キルティングサーキュラースカート
鮮やかなブルーのプリントが目を惹くスカートです。
サーキュラーなのでボリュームはもちろんですが、キルティングなのでさらにボリュームが出て可愛いです。
DSC02521.jpg

DSC02522.jpg DSC02523.jpg

1950年代 キルティングサーキュラースカート
こちらも先程のスカートと同じくキルティングのサーキュラースカートです。
白地にブラック・グリーンと入っているので、色んな色でコーディネート出来ますね。
DSC02524.jpg

DSC02525.jpg DSC02526.jpg

ワンピースなどと違って、ジャケットやスカートは普段ヴィンテージを着ない方でも、取り入れやすいアイテムだと思います。
その1枚取り入れるだけで、いつものコーディネートとは違って雰囲気が出るデザインのものばかりです。
全身全部とはいかなくても、1アイテムだけでも取り入れて時代を着てみるのも楽しいですよ。

K
秋冬の日常にも着やすいワンピースが入荷しています。

1960年代 起毛ワンピース
さり気ないですが切り返しが入っているのが効いていて、60年代らしいキレイなラインを出しています。
キレイなグリーンが、暗くなりがちな秋冬コーディネートに映えます。
DSC02489.jpg

DSC02490.jpg DSC02491.jpg


1950年代 ”Nerman Marcus”チェックのワンピース
チェックの入り方がトップとスカートで違うところだけでなく、ベルトにチャームが施されている所も素敵な1枚。
綺麗なプリーツスカートはロングブーツやレースアップシューズとも好相性です。
DSC02476.jpg

DSC02478.jpg DSC02477.jpg

ワンピースだけでなく、ジャケットやスカートも入荷しているので、次回ご紹介します。

K
アメリカとフランスの鉄フックが入荷しています。
どちらもブラックにペイントされて格好良いだけでなく、この曲線がキレイです。
DSC02467.jpg

2対のセットなっているので、あれやこれやと使えそうですし、
鍵型のフックは玄関で家や車のカギを引っ掛けても素敵。機能的で魅せるフックです。
DSC02469.jpg DSC02468.jpg

K

| main |