暗めの色味になりがちなこれからの時期。
ベージュのアイテムは柔らかく優しい印象を与えてくれるので、気持ちまで暖かくなってきますよね。

1950年代 カシミア ファー襟コート
襟に付いたホックを留めれば、ファーを首元に巻いたような印象に。
DSC02864.jpg DSC02865.jpg

DSC02866.jpg DSC02867.jpg

DSC02870.jpg DSC02872.jpg

1980年代 PENDLETON コート
寒い冬のデートにもおすすめです。
DSC02850.jpg DSC02851.jpg

DSC02878.jpg


1960年代 チェックタイトスカート
この時期なら茶系のロングブーツと合わせるのもいいですね。
DSC02857.jpg DSC02859.jpg

DSC02883.jpg

K
素敵なマダムが用意してくれた朝食はやっぱり素敵でした。
私達、何処にいるんでしょう?・・・っていうか何様なんでしょう?
5-1.jpg
こんな素敵な朝食に素敵なセッティング、中も・・・外も・・・
5-2.jpg 5-3.jpg
5-5.jpg 5-6.jpg

そして犬までもがちょっと違う気が・・・?離れの家も可愛い・・・
写真ではわかりませんが、ロケーションまでも丘の上の素敵な場所にあるのです。
それでも一人の宿泊費は4千円〜5千円位。ここは一応民宿なのです。フランスって凄いな・・・
5-7.jpg 5-8.jpg

この辺りの名産はMuscadet。
ぜひワイナリーに行ってみたかったのでマダムに訪ねてみると
知り合いのワイナリーに何軒も電話してくれました。
でもこの時期は収穫でみんな忙しいらしく断念・・・
5-9.jpg

この日は土曜日で蚤の市の日!・・・でもすっかり天気が崩れてしまい、
ナントの蚤の市だけで我慢して早めに次のシャンブルドットへ。
こちらも高台にあるこぢんまりとしたお城。でも形は一番城っぽい。
5-10.jpg

ここにも可愛い農家風の離れが・・・
5-10-2.jpg 5-11.jpg

大理石のエントランスから上がった階段
5-12.jpg

とても美しく改装されたお部屋
5-13.jpg 5-14.jpg
5-15.jpg 5-16.jpg

夕食の時間に通されたお部屋は見晴らしが良くてとても素敵でした。
こちらのマダムは古いこのお城を買い取って修復されたとか。
当時の写真がアルバムになっていて、ゲストが見れるようになっていました。
5-17.jpg

"buffet"といわれていた夕食ですが・・・
マダム手作りの前菜にキッシュ、サラダ、デザートまでついた美味しい夕食でした。
5-18.jpg
5-19.jpg
5-20.jpg
11月も終わりになると、室内でもウールのジャケットが手放せなくなってしまいますね。

今日ご紹介するのは、幅の広い折り返しのカフがポイントのショートジャケットです。
DSC02846.jpg

DSC02847.jpg DSC02848.jpg

ワンピースに羽織るのも丈が短めなのでバランスが取りやすく合わせ易いです。
DSC02849.jpg

K
1940~50年代のツイード2PCSが入荷しています。
イタリアンカラーのようになっているので、ネックレスが映えます。
くるみボタンや折り返しのカフが施されていて可愛いです。
DSC02839.jpg

DSC02840.jpg DSC02841.jpg

ちょうど店長が1940年代の2PCSを着ていたので・・・
首元は少しフリルの入ったブラウスと合わせています。スネの辺りまでの長さのスカートはブーツと・・・
今日はスーツとしての着こなしですが、ジャケット・スカート別々にコーディネートしている時があったらまたご紹介しますね。
DSC02842.jpg DSC02843.jpg

DSC02844.jpg


K
寒さが厳しくなってきたここ最近は、毎日のようにコートが入荷しています。

1950年代 ブラック ウールコート
丸襟に、サテンのリボンが施されたくるみボタン・・・可愛らしいシルエットのコート。
八分袖くらいなので、ロンググローブと好相性です。
DSC02817.jpg

DSC02822.jpg DSC02825.jpg

DSC02826.jpg DSC02823.jpg

1960年代 ウールワンピース
首元と手首には、まるでアクセサリーのようにビーズが散りばめられています。
DSC02828.jpg DSC02829.jpg

店内が狭くラックがいつもいっぱいいっぱいのため、
一気に入荷出来ずこんな風にちょこちょこと入荷してしまうことになってしまうのですが、
今年はこんなコートやジャケットを探している、こんなスカートやこんなブーツを探している・・・などありましたら、
お気軽にお問合せ下さい。

明日は祝日。通常通りの営業です。お待ちしています!
DSC02834.jpg

K
今日ご紹介するのはチェック柄の2PCSとスカートです。
チャック柄といえども、タータンチェックやハウンドトゥース、ガンクラブチェック…など様々。
チェックに入っている1色で他の小物などと合わせればまとまりやすいので、コーディネートしやすいアイテムです。

1950年代 ワンピース・ショートジャケット 2PCS
50Sらしいラインのワンピースとノーカラーのショートジャケットの可愛らしい組み合わせです。
茶系の中に、大きいブラックの3つボタンが効いています。
スカートのポケットにはレザーが施されていたり、細かい所も抜かりのない1枚です。
DSC02794.jpg

DSC02793.jpg DSC02795.jpg


1950年代 ホワイト×グレー テーラードカラースーツ
猫目ボタンに、ジャケットの後ろに施されたタック・・・裏地はシルク。
冬はグレーと合わせて、春は爽やかに白と合わせて…と、楽しめそうです。
DSC02809.jpg

DSC02811.jpg DSC02810.jpg

1960~70年代 ウールプリーツスカート
チェックの入り方が珍しく、綺麗なスカートです。
DSC02800.jpg DSC02801.jpg

1950年代 ウールプリーツスカート
濃淡グリーンだけでなく明るい茶系も入っているので、キャメルのロングブーツとも相性が良さそうです。 
DSC02803.jpg DSC02804.jpg

明日からまた気温が下がって寒くなるようですが、冬支度はお済ですか?
店頭には続々とコートなどのアウターが入荷しています。

1950年代 ブラック カシミアコート
ショールカラーの羽織るタイプで、女性らしい上品なコートです。
DSC02812.jpg

DSC02815.jpg DSC02816.jpg

DSC02813.jpg


1950年代 Aラインコート
ブラックに白・赤・青がツイードのように織り込んであります。
グレーのヴィンテージボタンも効いていて、ブラックだけど重すぎない印象です。
DSC02783.jpg

DSC02785.jpg DSC02786.jpg


1950年代 ブラックコート
大きなくるみボタンがかわいらしいシンプルなコート。
ボリュームが出過ぎず、きれいなシルエットです。
DSC02787.jpg

DSC02788.jpg DSC02789.jpg


1960~70年代 Aラインコート
ヘリンボーンのようになったツイードのコート。
マントのようにボリュームがあって、ボタンではなくベルト&テープになっているところもかわいいです。 
DSC02790.jpg

DSC02791.jpg DSC02792.jpg


1970年代 レザージャンパー
ブラウン×ベージュにコンパクトなサイズ感が女性らしいです。
DSC02806.jpg

DSC02808.jpg DSC02807.jpg


1950~60年代 ニットポンチョ
グリーン×ブルーのスカラップが可愛らしいポンチョです。
肌触りが気持ち良いので、ニットはチクチクするという方にもおすすめ。
DSC02796.jpg

DSC02797.jpg DSC02798.jpg

K
フレームが入荷しました。
壁掛けタイプと置くタイプ。サイズもデザインも様々です。
写真を入れたり、お気に入りのポストカードを入れてコラージュしたり・・・
DSC02780.jpg

こちらは"1921"と書かれ、その時代の紳士淑女が・・・
DSC02779.jpg

K
1950年代 カシミアジャケットが入荷しました。
軽いのに暖かいのはカシミアならでは。肌触りが柔らかくてとても気持ちが良いです。
シンプルなテーラードカラーのデザインかと思いきや、後ろにタックが入っていたり…
DSC02770.jpg

DSC02771.jpg DSC02772.jpg

クリスマスパーティーは・・・
カシミアのジャケットを脱げば、レースのパーティードレス…なんてコーディネートもいいですね。
DSC02777.jpg

K
ベルベットやスエード、フェルトなどの冬小物が入荷しました。

これからのフォーマルな場面でも使えそうなバッグやパンプス。
DSC02740.jpg

左・Salvatore Ferragamo Made In Italyのブラックスエードパンプスはシンプルながらもつま先が立体的になっていてとても素敵なデザイン。
足を痛めない靴を作るため、解剖学を学んだ靴職人のサルヴァトーレだけあって、
サイズが合えばヒールがあっても履き心地はもちろん最高です。
右・リボンが可愛らしいブラウンのスエードパンプスは甲がキレイに見えるようなデザイン。

左・ブラウン×ブラック革ハンドバッグは長財布でもOK。ヴィンテージバッグは小さめが多いので、このサイズは使いやすくて良いですね。
真ん中・ブラックベルベットパーティーバッグは、留め具がコードボタンになって素敵。
右・グリーンスエードバッグは、コーディネートのさし色になるような綺麗な色。シルエットも可愛らしいです。
DSC02737.jpg DSC02738.jpg

ネイビー・ブラック・ブラウン・・・と優秀な定番カラーの帽子です。
DSC02741.jpg

ネイビーベルベットの帽子は、パーティーにおススメ。ブリムのコードやリボンが素敵です。
フェルトのハットは日常にもコーディネートしやすいタイプ。
DSC02742.jpg DSC02743.jpg

6 1/2から7 1/2サイズのグローブ。
ただの防寒だけでなく1950年代の女性の様に時計やアクセサリーを重ねたりして使いこなして頂きたいです。
DSC02731.jpg

DSC02762.jpg DSC02764.jpg

K
店内に1年ぶりにクリスマスソングをかけて、やっぱりこの時期はいくつになってもワクワクするなぁ・・・と思いながら更新しています。
DSC02744.jpg


先日の買い付けでも可愛いクリスマスオーナメントと出会えました。
ガラスなので割れちゃいそう…と心配にもなってしまうのですが、やはりプラスチックとは違う良さがとっても感じるアイテム。
毎年少しずつ増やしていきたくなります。

歌っている3人やお祈りをしている天使は、置物のようですが実はキャンドルです。
今にも歌声が聞こえてきそうな表情はなんともいえず、買い付け中パッキングする前は、3人向かい合わせに仲良く並べていたのですが、その姿に何度も癒されました。
うつむきながら手を合わせている天使はクリスマスシーズンでなくても飾っておきたくなるような佇まいです。

また天使やツリー型のキャンドルホルダーや、
柊やポインセチアなどがプリントされたクリスマス柄のハンカチを敷いたりすれば、
さらにクリスマス気分を盛り上げてくれます。
DSC02761.jpg DSC02752.jpg

DSC02747.jpg DSC02751.jpg

色んなサイズのラッパや1900年代初頭ごろの紙モノも入荷しています。
その当時のクリスマスプレゼントや窓飾りなどの広告や記事が載った雑誌の1~2ページは、今見てもワクワクします。
当時の切手やスタンプが押されたポストカードや、デッドストックのメッセージカードもプリントやエンボスが良い雰囲気です。
DSC02753.jpg DSC02757.jpg

小さな結晶のようなカットが美しいスナックセットは全部で4点。
光の反射加減でシルバーのようにも輝いて、冬のこの時期にはぴったりです。
DSC02748.jpg DSC02749.jpg

水色のペイントが可愛らしい子供椅子や、見た目のフォルムだけでなく座り心地も良い椅子も入荷しています。
DSC02754.jpg DSC02755.jpg

今週末も通常通り営業しています。
アンティークコレクティブルだけでなく、新品商品のクリスマスオーナメントなども入荷しています。
これからクリスマスの準備をするという方も、もうツリーも用意しているけどあともう少し何かないかなぁという方も・・・お待ちしています。

K
この日は大好きなブルターニュに寄り道。
まずはファミーユにもおいてある塩で有名な中世の街、”ゲランド”へ。
城壁から中に入ると可愛らしい石造りの街並み。
ああ、やっぱりブルターニュ・・・と感極まっていると、そわそわとレストランのメニューをチェックしだす二人が・・
4-1.jpg 4-2.jpg

海沿いに来たらムール貝を食べないと気が済まないファミーユ店主とかなちゃん。
納得いくまであちらこちらのメニューをチェック。
待望のムール貝にフレンチフライ、ガレットもしっかりいただきました。
4-3.jpg 4-4.jpg

すっかりお腹も満たされて次の街、ナントへ。
lolocaloharumatanのちえさんに教えていただいたアンティークの布屋さん。
さすがちえさんのおすすめだけあって、どれもこれも美しい上に状態が良い。
これはどんな人が、どんな時にどんな風に着ていたんだろう・・・妄想が止まらない私。
4-6.jpg
気が付くとみんないない・・・取りあえずレースをいくつかお買い上げ。
4-7.jpg

あっという間に時間が過ぎて、今夜の宿、chateau de la sebiniere へ。
4-8.jpg
黒い石が素敵なお屋敷。そしてマダムが超美人。
4-9.jpg 4-10.jpg

その素敵マダムにしつらえられた素敵な部屋。ここはバスルームまでもとても素敵でした。
4-11.jpg 4-12.jpg
4-13.jpg 4-14.jpg

マダムに近くのレストランを聞いて食事へ。
ビニールバックをワインクーラーに使ってしまう微妙なモダンさのホテルレストランでしたが、
食事は美味しかったし、なんといっても席から見える夜景がとっても綺麗だった。
4-15.jpg
11月中旬になってやっと、羽織りものがないと肌寒い気温になってきましたね。
引き続き、続々と秋冬ものが入荷しているのでご紹介します。

1950年代 オフホワイト 起毛ケープ
ボリュームが出過ぎないので、パンツなどのタイトなものだけでなく、スカートとも好相性です。
ちゃんと手が出せるようになっているので、車の運転の時にも便利!
DSC02683.jpg

DSC02684.jpg DSC02686.jpg

1940~50年代 ベージュ 起毛フレアートッパー
裾のラインや袖口のたっぷりとした感じが素敵な1枚。
ショートコート感覚で着れる暖かいジャケットです。
DSC02607.jpg

DSC02609.jpg DSC02610.jpg

1960~70年代 オフホワイト ニットポンチョ
160cmの身長で膝丈の長めなポンチョです。
襟があったり裾がスカラップのようになっていたり…波打った網目も可愛い。
DSC02687.jpg

DSC02688.jpg DSC02689.jpg

"AIGNER"トレンチコート
ボタンやベルト部分にみられるアイグナーカラーのボルドーが効いてるトレンチコートです。
ボルドーカラーが入っているので、格好良いだけでなく上品な印象も与えてくれます。
DSC02675.jpg DSC02680.jpg

DSC02678.jpg DSC02676.jpg

1940~50年代 ブルージャケット
女性らしい綺麗なラインが魅力的な1枚。後ろのベルトもさらにウエストのラインを強調してくれます。
接客をしていると、ジャケットのウエストが絞ってあるタイプが苦手な方が少なくないようですが、
バランスがとりやすくとてもコーディネートしやすいアイテムなので、私たちは好きなラインのジャケットです。
ワンピースに羽織るだけでも良いし、ボリュームのあるスカートやタイトスカートとも好相性です。
パンツならボタンを閉めて着なくてもバランスがとれるので、このラインのジャケット、おすすめです!
DSC02702.jpg

DSC02703.jpg DSC02704.jpg

1950年代 ブラック ベルベットボレロ
ボタンのないタイプのボレロなので、ブローチの留め方で印象が変わります。
ベルベットなので、フォーマルなシーンにもピッタリです。
DSC02718.jpg

DSC02719.jpg DSC02723.jpg

1950年代 ブルー×ブラック ツイード2PCS
そのままセットで着てももちろん良いですが、かしこまり過ぎるという時には…ブラックの無地とのコーディネートがおすすめです。
例えば・・・
ワンピースやスカート、パンツにこのジャケットを合わせるのも良し、
スカートなら、トップスはタートルネックのセーターと合わせて、ブラックのロングブーツ…なんていうのも素敵ですね。
DSC02708.jpg

DSC02710.jpg DSC02709.jpg

1950年代 ブラック カシミアコート
コートにしては小さい襟が、可愛らしく、さり気なくステッチが施されている所がまた良いですね。
カシミアなのでもちろん軽くて暖かいです。
DSC02712.jpg

DSC02713.jpg

1950年代 ブラック コート
大きなヴィンテージボタンが、シンプルながらも印象的。
落ちた所での肩の切り替えが、可愛らしいシルエットを引き出してくれます。
DSC02714.jpg

DSC02715.jpg

寒いのは苦手だけど、なんだか早くヴィンテージのコートが着たくなってきた・・・!

K
1950~70年代のウールのスカートやカーディガンが入荷しています。
ロングブーツと合わせたり、重ね着をしたり…秋冬ファッションはやっぱり楽しいですね。

DSC02716.jpg DSC02717.jpg


DSC02694.jpg DSC02695.jpg


DSC02696.jpg DSC02697.jpg


DSC02690.jpg DSC02691.jpg
DSC02692.jpg DSC02693.jpg


DSC02705.jpg

DSC02706.jpg DSC02707.jpg

全て試着出来ますので、お気軽に声をお掛け下さい。

K

洋服の印象を変えてくれるレースの付け襟。
ニットなので日常にも使いやすく、シンプルなものにこそ合わせて、色々楽しみたいですね。
DSC02728.jpg DSC02725.jpg


DSC02727.jpg DSC02730.jpg


シンプルなタイプやウエスタンなどのコーディネートしやすい茶系ブーツ。
店内にはこの他にも、約22cmから25.5cmのブーツが入荷しています。
今回の買い付けでは平均サイズだけでなく、足の小さい人や大きめの人にもヴィンテージのブーツを楽しんで頂けるように何足か仕入れてきました。
サイズなどお気軽にお問合せ下さい。
DSC02698.jpg DSC02699.jpg

DSC02700.jpg DSC02701.jpg

K
二日目の宿、 Le Mesangeau。ムッシュが外でお出迎えしてくれました。

3-1.jpg

二階までは大きくまっすぐな階段ですが、屋根裏は使用人の部屋だった為、
幅の狭い螺旋階段になっています。
3-2.jpg 3-3.jpg

今はもちろん客室なので、アンティークの家具が置かれ、ベットもフカフカで美しいリネンが使われていました。
3-4.jpg 3-5.jpg

ここも大きなダイニングテーブルに大きな燭台。まずはムッシュに奥のサロンに案内されアペリティフ。
これが正式なおもてなしみたい。地元でとれたワインをいただきながら1時間くらいは話したような・・・。
お酒の入ったまりちゃんが寝ちゃうと焦っていると、マダムが「出来たわよー」とダイニングへ。
3-7.jpg 3-8.jpg 3-9.jpg

ダイニングへ行ってみるとシルバーのセットが7つ・・・ん?私達5人だよなーなんて考えていると、
ムッシュもマダムもお席に。こちらのお宅ではゲストと一緒に食べちゃうみたい。
はじめての体験にとまどいつつも、陽気なお二人とのディナーはとても楽しい時間でした。
料理はすべてマダムお手製。地元産のものをふんだんに使ったとても美味しいディナーでした。
3-10.jpg 3-11.jpg

翌日の朝、窓から見える裏庭がきれいだったので散策することに。
写真には撮れなかったけど、猫、ニワトリ、カモの親子もいて、とても良く手入れされたお庭。
3-12.jpg 3-13.jpg

ムッシュとマダムはパリから引っ越してでて、このお屋敷を買ってシャンブルドットをはじめたとか。
朝食の時間もムッシュはずっとテーブルにいてお話ししてくれました。
部屋もお庭も、そして何よりも初対面のゲストを家族のように暖かく迎えてくれたお二人のおもてなし。
とても印象深い場所になりました・・・
3-14.jpg 3-15.jpg
ヴィンテージのハットやヘッドピース、ブーツなども続々と入荷しています。
女性のお客様が多い当店ですが、レディーズだけでなくメンズアイテムなど色んなものが続々と入荷中の今は、きっとカップルでも、もちろん男性だけでも、楽しんで頂けるのではないかと・・・
ブログでのご紹介がなかなか追いつかないくらい(本当すみません…頑張ります!)良かったらまずはぜひお店に足を運んで頂けたら嬉しいです。お待ちしています。


Lady's
DSC02645.jpg

DSC02665.jpg

Men's
DSC02659.jpg

DSC02626.jpg

Pendleton・Woolrich・Wanglernoウールシャツの他に、メンズの秋冬ものが入荷しています。

ベストやジャケットなどを羽織って、重ね着が楽しい季節になりましたね。

DSC02616.jpg

1960~70年代 ツイードジャケット
60年代の"Brooks Brothers"のジャケットは、まさに秋色の3つボタン。
表地のチェックの配色だけでなく、背抜きの裏地と袖部分の裏地のデザインが違うなんて見えないところも素敵です。
DSC02619.jpg DSC02620.jpg

DSC02622.jpg DSC02623.jpg

日常にも着やすいベージュのコーデュロイのジャケットとベストは、ステッチの入った革ボタンがかわいいです。
DSC02624.jpg DSC02625.jpg

ツイードやウールのスラックスも入荷しています。
Woolrichのデッドストックのもの、ヘリンボーンツイードやボタンタイプのサスペンダーがつけられるようなものも。
男性だけじゃなく、女性もオーバーに履いてもかわいいです。
DSC02617.jpg DSC02618.jpg

DSC02641.jpg DSC02642.jpg


1960~70年代 ブラウン ウール3PCS
ちらっと見えた時に目を惹くヴィンテージらしいプリントの裏地。
DSC02628.jpg

DSC02629.jpg DSC02631.jpg

1960年代 "MAY-D&F" グレー ヘリンボーン3PCS
ジャケット・ベスト・パンツそれぞれで着ても格好良いアイテムが揃ったスーツです。
DSC02633.jpg

DSC02636.jpg DSC02640.jpg

ぜひ、こんな服を着てfamilleに食事に来たり、ライブに遊びにきて頂きたいです♪

K

| main |