今日ご紹介するのは、1950年代のグリーンとブルーのきれいな色のヴィンテージアイテムです。

ギャザースカートのワンピースの緑・青・黄色のグラデーションがかった細かいプリントは、一見するとモザイクのようなプリントに見えますが、遠目から見ると可愛らしいお花模様。
後ろにバックルがあるタイプの共布のベルトもついています。
DSC03248.jpg

DSC03249.jpg DSC03252.jpg

無地でシンプルですが、サーキュラースカートなのでこのボリューム!
きっと誰もがクルクル回りたくなるようなスカートです。
DSC03253.jpg DSC03256.jpg

白地にきれいなブルーのフラワープリントワンピースは、ネックラインがポイントです。
タックとリボンが施され、Uネックになっているので、アクセサリーも映えます。
袖にもリボン…こういうデザインがヴィンテージらしいですね。
DSC03257.jpg

DSC03258.jpg DSC03259.jpg

淡い水色のカーディガンは"Neiman Marcus"のもの。
まるで襟のように施されたビーズが、可愛らしいです。
DSC03260.jpg DSC03266.jpg


2月もあっという間にもう最後の週末。
今日は生憎の雨模様でしたが、ここ最近はお天気が良いとどんどん日が長くなってきていて、
そんなちょっとしたことが 春が近づいているんだなぁ… と少し幸せな気持ちにさせてくれます。
3月も通常通りの営業です。春物も徐々に店頭に並びますので、ぜひ遊びにいらして下さいね。

K
栃木県の足尾に工房を構える郡司庸久さんの器が新しく並びました。
今年も全国あちこちで展示会の予定があり、とってもとっても忙しい中、ご夫婦お二人で届けに来てくれました。

手に取った時のその持ち手と、口に当たるその飲み口がとても しっくり くるマグカップ。
DSC03247.jpg

今回、各色 無地・太しのぎ・細しのぎ・ハチの巣と4種類づつご用意しています。
DSC03237.jpg DSC03238.jpg

思わず本当に食べたくなるような焼き菓子型の箸置き。
DSC03226.jpg DSC03229.jpg

この飴釉…日常にも使いやすい器たち…
実際に使うとその虜になって、またもうひとつ…と、食器棚に並べる人が少なくないです。

もちろん1点1点その表情はそれぞれですので、納得のいくまでゆっくりと手に取りながらお選び下さい。
全てを店頭に並べる事が出来ないのですが、ご用意しますのでお気軽に声をお掛け下さいね。

K
デザインだけでなく機能性ももちろん優れていて、さらにオーガニック先進国と言われているドイツ。
今日はそんなドイツ生まれの素敵なものたちをご紹介します。

まずはキッチンの名脇役 ブラシ です。
1936年ブラシメーカーとして始まり、人と環境に優しいアイテムを作り続けているドイツの老舗REDECER社。
全ての商品に熟練された技術や伝統が継承され、
確かな品質と飾らない美しいデザインには、ハンドメイドの温もりやこだわりが感じられます。
愛着を持って長く使い続けられるようなアイテムです。
DSC03174.jpg
ドイツ製ではなくイタリア製ですが、蓋付のボトル0.25L & 1Lも入荷しています。
即席ドレッシングを作ったりするのに便利なサイズと、
おもてなしの時にこのボトルに入れ替えてジュースなどを出す時にも便利なサイズでご用意しています。

左:ミルクボトルブラシ(ブナの持ち手・馬毛)柔らかい毛なので傷つけず、
柄が長いので細長いものも楽々洗えます 
右:キッチンブラシ(ブナの持ち手・植物繊維)しっかりと握りやすくなっていて、鍋やザルだけでなく、
皮つきの野菜を洗うのにも便利です
DSC03176.jpg



次にご紹介するのは、1977年に設立されたSONETTの洗剤です。
ソネット製品は、人と自然に害を与える成分、さらに有害でアレルギーを誘発し
健康に悪影響を及ぼす可能性のある成分は一切使用していません。 
なので全ての製品が完全に分解し、自然に戻ります
また “有害物質を含まず自然に害がない” だけでは満足せず、
洗浄によってエネルギーを奪われてしまった水をより早く清い水に戻し、
自然のサイクルに戻りやすい方法がないかと考え、独自の方法を考案し洗剤作りに利用しているそうです。
高い洗浄力や泡切れの良さで「オーガニック洗剤は使いにくい」というイメージをくつがえし、
さらにオーガニック栽培植物で科学品質が一切添加されていない
最高品質の天然エッセンシャルオイルのアロマを用いて香りにもこだわることで、
ストレスを感じず毎日気持ちよく使えるよう、そして長く使い続けてもらえるように作られています。
DSC03181.jpg
手前写真 左:手洗い用台所洗剤300ml…少量で泡立ちも良く、油汚れもすっきり落とします。
レモングラスの爽やかな香り。肌に優しい成分なので手荒れがなく敏感肌の人にもおすすめです。

真ん中:漂白剤450g…色落ちしない色柄衣類やふきんのシミ抜き、食器だけでなく、
洗濯槽の掃除や浴室のカビとりなど色んな場面で使える酸素系漂白剤です。
定期的に使う事で、くすみや黄ばみ黒ずみを防げます。

右:シミ抜き用液体洗剤300ml…脂や果汁、ペンや泥などのしつこいシミに。
配合成分の牛の胆汁には乳化作用があり西欧の伝統的な洗浄剤です。また床や台所の油汚れにも効きます。

写真奥 左:おしゃれ着用液体洗剤1L…ウールやシルクなどの大切なお洋服に。
ラベンダーエッセンシャルオイルが配合なのでほのかに良い香りがして、
有機栽培のオリーブ油石けんをふんだんに使用し油分を補給するので、
やわらかくしなやかに仕上げる事ができます。

右:洗濯用液体洗剤2L…綿やリネン、化繊などの全ての衣料に。
こちらもラベンダーエッセンシャルオイル配合で、水にさっと溶けて溶け残りがありません。
赤ちゃんや敏感肌の人の洗濯にもおすすめです。


毎日使うものだからこそ、ただ機能的なだけでなく、人にだけ都合が良くてやさしいだけでなく、環境にもやさしいものを・・・


K
石巻の牡鹿エコたわし工房 ”海だより”からとても可愛いお魚たわしが届きました。

DSC03224.jpg DSC03216.jpg

現地へ何度も通われ、支援活動をされているかご作家のkegoyaさんが、
次は被災者の方たちの自立の支援になるような形をと探していらっしゃった頃、
支援物資を届けたときに出会った民生委員の方から義援金を活用するリクエストを聞くと、
「自立をしなきゃと思って編んでいるお魚エコたわしの材料や販売の協力をしてほしい」
と、とても前向きなリクエストをいただいたそうです。

もともとアクリルで編まれていたお魚たわしを生産過程もエコなものをと
kegoyaさんの提案でオーガニックコットンのガラ紡で編むことで
優しいふわふわな肌触りのお魚たわし達が生まれました。

DSC03222.jpg

洗剤少なめ、またはなしでも油汚れが良く落ちるエコたわしですが、
食器だけではもったいない、顔を洗ってもよさそうな気持ちよさです。

添えられている商品カードは絵描きtomotさんが大漁旗風というリクエストで仕上げられ、
お母さんたちの文章と、裏には編んだ方のお名前も入っています。

ekotawashi.jpg

一匹、500yenです。売上の全額が”海だより”の編賃や運営資金となります。
仮設住宅の中でじっとしているよりもと、また漁が出来るまで、と始まった”海だより”。

その”お魚の形”に込められた願いが早く叶いますように・・・

*販売協力していただけるお店の方、ご連絡下さい。



日が当らない所はこの前の雪がまだ残っていて…まだまだ寒いですが、春先におすすめのコートが入荷しています。
シェルの大きめヴィンテージボタンに、なんといってもこの大きなカラーがポイント。
DSC03198.jpg DSC03210.jpg

ブローチを付けて、さらに首元にアクセントを。
DSC03206.jpg DSC03213.jpg
裏地もとてもきれいなサーモンピンクで、春が待ち遠しくなります。

K

2月1日(水)・2日(木)・9日(木)・16日(木)・23日(木)
ORCIVALのレディースの春物が入荷しました。

新しいシルエットのカットソーです。
ゆったりとしたワイドの身頃に、肩の落ちた所で袖の切り替えになっています。
だいたい7分袖位で、この時期なら重ね着コーディネートもおすすめです。
首元は少し立体的になったボートネックで、すっきりと見せてくれます。
カラーは写真のインディゴとネイビーの2色です。
DSC03183.jpg DSC03184.jpg


こちらの2デザインはリネン55%・コットン45%の羽織りものです。
まずはカーディガン。
ボーダーの切り替え位置と袖の切り替え位置が少し落ちていて、ゆるい印象のシルエットが可愛らしいです。
羽織り具合で色々と印象が変わります。
DSC03190.jpg DSC03191.jpg

新しくポンチョも入荷しています。
ボートネックだけでなく、被る位置をずらせばVネックになって、ボーダーの見え方も変わります。
ポンチョなので頭を通して被るだけで袖通しがないので、ゆったりとした袖の洋服の上からでも羽織れます。
着丈も長くないので、普通のトップス感覚で羽織れるので動きやすいですよ。
DSC03185.jpg DSC03187.jpg

DSC03188.jpg DSC03189.jpg

このリネン×コットンシリーズは、ネイビー・ホワイト・ブルーの3カラー。
DSC03195.jpg

定番ボーダー以外に、こういうデザインのシリーズもいかがですか。

K
いつものように家族みんなでの食事・・・
久しぶりに集まった友達と、美味しい食事にお酒 そして尽きないおしゃべり・・・
音楽を聴きながら 大切な人と・・・
本を片手に ひとりでゆっくりと過ごす時・・・     日常の色んなシーンで使いたくなるようなガラスのうつわが届きました。

ピッチャー・グラス2サイズ
お客さんが来た時にテーブルでお茶やジュースをサーブするのにちょうど良いサイズ感です。
もちろん日本酒や焼酎、ワインなどのお酒とも好相性。
H15cmのピッチャーは花瓶としても使えますね。
DSC03150.jpg

H11cm W(一番開いている所)13cmの片口を見て、どういう時にこれ使おう…とうちのマダムは言ったのですが、
なかなかいける口らしい紀久恵さんも私も「お酒を飲む時に…」と即答。
デキャンタとして使って、ぽってりとした厚みの足付きグラスに赤ワイン…ん~良いですね。
ああ見えてお酒を飲まないマダム知恵子は、「ジュース ゴクゴクするもんっ」と言ってましたが、
確かにりんごジュースや赤ブドウジュースとかも良いですね。
DSC03164.jpg

口元のゆがみ具合とたくさん入った気泡、そしてたっぷりと入るサイズ感。
ひとつひとつそれぞれ個性があるので、お好きなのを選んで頂きたいです。
DSC03158.jpg

ドレッシングやソースを添えるのに…小鉢として… 食卓に爽やかな印象を与えてくれますね。
クリアだからどんなものとも相性が良いので、毎日使いたくなる万能さんです。
DSC03165.jpg

キャンディーを入れておきたくなるようなポット。
この丸っこい蓋を開ける時は、思わず大人も子供も目がキラキラしちゃいそうです。
花モチーフの箸置きは、ペーパーウエイトにしても可愛らしいですね。
DSC03166.jpg

再生ガラスだからこそ自然と入る気泡も、たっぷりと気泡が入っているものも、どちらもそれぞれ魅力的。
DSC03172.jpg DSC03169.jpg

役目を終えたビンや窓ガラスにもう一度息を吹きかけて・・・
ゆらゆらとしたガラスの表情が、まるで長い年月を経たアンティークのガラスのようですね。

K
華奢でシンプルなデザイン…いつも身に付けていたくなるようなものばかり・・・
だからかプレゼントでだけでなく、自分へのご褒美に買う女性も多い Kamalaさんのアクセサリー。

今回は 細かいカットが美しいものたちが届けられました。
それぞれシルバーとK18&K10なので、お持ちのアクセサリーと合わせて重ね付けも良いですね。

リーフモチーフ ネックレス40cm・ピアス・リング#4/#13
DSC03132.jpg

DSC03127.jpg

月桂樹モチーフ リング#3/#4/#12
DSC03134.jpg

スクエア・ダイヤ・コーン ネックレス40cm・ブレスレット20cm
(こちらのトップに+¥5,000で小さなダイアモンドを入れることも出来ます)
DSC03149.jpg

 Kamala  
  "KAMALA"はサンスクリット語で蓮の花を意味します。
  蓮の花は水中の泥の中に根をはり地上に美しい花を咲かせます。
  つまり苦しい時もあれば幸せな時もあるという事で、仏教では人生の象徴とされています。
  ひとりひとりの人生にKAMALAのジュエリーを彩りとして身に付けて欲しいという願いを込めて、
  1つ1つ手作りしています。



明日はヴァレンタインデーですけど…あと1カ月後はホワイトデーですよー男性諸君!

K
日常からフォーマルな場面でも使えるバッグが入荷しています。
DSC03090.jpg

DSC03091.jpg DSC03098.jpg DSC03094.jpg

DSC03106.jpg DSC03095.jpg DSC03102.jpg

春も履きたいショートブーツや
DSC03108.jpg

ブローチやネックレス、ピアスやイヤリングなども!
DSC03112.jpg

今週末も通常通りの営業です。
風が冷たくまだまだ寒いですが…ぜひ遊びにいらして下さいね。

K
遠く青森より素敵な伝統工芸品が届きました。初めてのご紹介です。

まずは津軽伝統のあけび蔓細工のバッグ。今回はこの5型です。
弘前市にある宮本工芸の熟練の職人さん4人がひとつひとつ手作業で編みこんで作っています。
DSC03053.jpg

あけび蔓は堅牢無比で耐久性に優れ、年月を重ねるに従って光沢が増し味わいが深まる工芸品です。
どんどん表情が変化して、良い風合いになっていく過程も楽しめます。
なので親子代々と末長くその風情を楽しむことが出来るそうです。
いつか娘に・・・ おばあちゃんが…お母さんが使っていたものを・・・ そのいつかを想像するだけで、
また年々あけび蔓の収穫が難しくなってきているようなので、より一層 長くずっと大切に使っていきたいと思わせてくれます。 
DSC03054.jpg DSC03055.jpg


こちらも弘前市の民芸品 こぎん刺の小物たちです。
こぎんの歴史はなんと1760年代!!!から。弘前市付近の農村で生まれ、当時は津軽地方で綿の栽培がなかったことや
農民は普段着に木綿を着ることを禁止されいて紺麻布を着ていたようですが、
麻は繊維が荒く寒さを防ぐことが出来ず、その布目を埋めて暖かい空気を服の中に留めるように工夫していたそうです。
また刺繍を細かくすることで、肩に背負う籠紐の摩耗を防ぐ役目も果たしていたようです。
農村の娘である限り、みんな5歳頃からこの刺繍を習い15歳位にもなれば立派な刺手となり、競って美しいこぎんを刺すようになったのだそうです。
DSC03072.jpg

カードケースやティッシュケース、しおりなどの私達も使う身近なアイテムにその美しいこぎん模様が施されています。
藍染と浅黄(薄い藍色)の2種類の草木染めの刺し子で、刺繍の模様は様々です。
DSC03073.jpg DSC03074.jpg

DSC03077.jpg DSC03076.jpg

DSC03085.jpg
ご自分用だけでなく、贈り物にも…いかがですか?

K
フォルムの美しい椅子や額が入荷しています。
落ち着いた焦げ茶色に、ペンキ跡がなんともヴィンテージらしい雰囲気な椅子。
立体的な座面と背中のカーブが良い感じにフィットし、座り心地がとても良いです。もちろんペンキは付きませんので、ゆっくりと寛げます。
そして、実はなかなか出会えない楕円のフレーム。
初めての額の人も、色んな額をすでにお持ちの方にもおすすめ。
DSC03065.jpg

DSC03068.jpg DSC03067.jpg


こちらの折りたたみ子供椅子もなんとも可愛らしいシルエット。
この秋の買い付けで出会った唯一の折りたたみ子供椅子。
他に何脚か折りたたみの子供椅子に出会ったのは出会ったのですが・・・このコには敵いませんでした。
DSC03087.jpg


一気に雰囲気を盛り上げてくれる鏡やランプも。
DSC03069.jpg

ブラウンゴールドのペイントに、この美しいレリーフ。側面も立体的なデザインになっています。
ランプは丸く凹凸のついた銅のスタンド。シンプルですが、明かりを灯すとやわらかい明かりが。
DSC03071.jpg DSC03088.jpg DSC03070.jpg

古いモノは徐々に少なくなってきているとはいえ、買い付けに行くとこれでもかー!と色々とあるのは事実。
でもその中からデザイン・機能・状態・・・と、 コレ! というものに出会うのは、本当に本当にごく僅か・・・
その中から、また誰かのお気に入りになってくれたら…嬉しい限りです。

K
実際はまだまだ寒いですが、一気にテーブルに春が来たような爽やかなグリーンのガラスの食器たち・・・

DSC03056.jpg

アボカドグリーンやオリーブグリーンと呼ばれるとても綺麗な色、大胆なカット、そしてその重厚感が特徴のインディアナグラス社の1960~70年代頃のスナックセットなどが入荷しています。
キングスクラウンパターンのスナックセットは、プレートが約26cmとディナーにもおすすめの大きいサイズなだけでなく、
カップもスナックセットのカップにしては大きめでたっぷりとしています。
まっ平らなプレートではないのですが、もちろんカップの置き場所はきちんとくぼんでいるので安定感はばっちりです。
DSC03057.jpg DSC03063.jpg

同じ柄のアイスクリームディッシュとパークレーンパターンといわれる少し柄のデザイン違うゴブレットも。
どれも持ちやすいのように丸のカットが指にはまるようにデザインされているので、
見た目が美しいだけでなくもちろん使いやすくもなっています。
ガラスのキャンドルホルダーは、キャンドルを灯すだけでなく、季節のお花を活けるもの素敵。
DSC03059.jpg DSC03081.jpg

眺めていると、春が待ち遠しくなるようなテーブルです。

K
期間中はこの記事がトップです



1/29(sun)~2/5(sun)  2/1(wed)・2(thu)は定休日です

アンティーク・ヴィンテージ商品    全品10% OFF
雑貨・アンティーク・ヴィンテージ商品 一部20~50% OFF

寒いですが、ぜひお待ちしています。 

| main |