心地良い日差しによって輝く飴色・薄飴色の釉薬。
秋の美味しくて楽しい食卓にぴったりです。
DSC00936.jpg


1枚1枚違うスリップウエア。
6寸・8寸の2サイズです。
果物やサラダなどシンプルな食材でも、さっと盛るだけでさらに美味しく感じる器。
また、少し深さがあって淵が付いているので、パスタや煮込み料理などにもちょうど良く、
きっと出番が多くなる1枚です。
食べ進んでいくうちに絵が見えてくるもの 楽しみの一つ。
DSC00940.jpg DSC00947.jpg
DSC00944.jpg DSC00945.jpg


cafe la familleオリジナルのカップ&ソーサー。
ファミーユではフレーバーラテをこのタイプの器で出しています。
初めて店頭に並びます。
DSC00910.jpg DSC00911.jpg


お忙しい中、マグカップやカフェオレボウル大小など、本当にたくさん!届けて下さいました。
店頭に並んでいなくても 在庫有無のチェックをしますので、
お探しのものなどありましたらお気軽に声をお掛け下さい。

あと1か月後には 益子の陶器市ですね。


益子の陶器市HP
DSC00686.jpg  DSC00692.jpg 
 DSC00701.jpg
DSC00682.jpg DSC00697.jpg

「Blanc et Nior」
始まりました。

23日(火・祝)までです。

ぜひお待ちしています。

001.jpg 
9/20(sat) ~ 9/23(Tue)
12:00 ~ 18:00
cafe la famille納屋

長い歳月を経てきた「白と黒」
相対し、共鳴する
静かな美しさ

1800年代のレースアップブーツや手刺繍のブラウスなど、
魅力溢れる特別なアンティークを集めました。 
8月 納屋。
真竹のかごたちがずらりと並んだ何とも爽やかな展示会をして頂きました
勢司 恵美さんのかごが店頭に並んでいます。

DSC00662.jpg DSC00665.jpg
DSC00664.jpg DSC00663.jpg
DSC00666.jpg DSC00668.jpg
DSC00671.jpg DSC00670.jpg
DSC00673.jpg DSC00677.jpg
1本手のかごは、巾着を中に入れたり上にリネンなどをかけて目隠しすれば、
その大きな口は モノの出し入れがスムーズで、とても使いやすいです。
リネンなどの天然素材の洋服のコーディネートの時に合わせれば、より一層雰囲気がアップしますね。

また、台所などで使う道具も。
リピートする方が多いという水切りかごや菜箸など。
道具だけど、ついつい眺めたくなるようなきれいな編み目。
使わない時は壁掛けにして飾っておくという方が多いというのも わかります。

DSC00491.jpg
そしてこちらは勢司さんがこの4年間 毎日のように使っているかご。
手の油が竹に入り、爽やかな印象の青竹が良い感じに飴色になってきていますね。
作りたての頃に はっきり分かるまだみどり色の青竹と、少し色味が落ち着いてベージュっぽくなっているところが、
使い続けていると、こんな風にグラデーションが出て 良い感じに育っていきます。

また、実際にいつものように荷物を入れた状態のかごを持たせてもらったら…
びっくりするくらい重い! あれもこれも…いっぱい!!「日常にガンガン使っている! 」という言葉通りの使い方。
丈夫な竹だからこそ、しっかりと編まれているからこそ、ですね。
そして修理をすれば ずっと長く愛用出来る。
毎日使っているから 育っていく味わいを ぜひ楽しんで下さい。

竹への愛情が溢れている勢司さんのブログはこちらをクリック!
初めて店頭に並ぶアイテムが入荷しています。

まずは、ORCIVALのボーダーカットソーとキャンバストートバッグです。
ネイビー×グレーのこれからのシーズンにコーディネートしやすい落ち着いたカラー配色。
DSC00644.jpg DSC00643.jpg DSC00645.jpg

男女共に持ちやすいサイズ感の24ozキャンバストートバッグ。
ボーダーの時にも合わせやすいようなネイビー×ブラウン・ネイビー×ネイビーの2パターンです。
しっかりとした24ozのキャンバスなので、ガンガン使って、良い感じに味が出てくるとさらに格好良くなりそうですね。
DSC00646.jpg DSC00647.jpg DSC00648.jpg

神戸より届きました「R.U.」の新作パンプス。
浅甲のころんとしたシルエットが可愛らしいです。
少し深めのブラウンなので、靴下やカラータイツとも好相性。
DSC00649.jpg DSC00652.jpg DSC00653.jpg

”昔ながらの伝統を感じさせながら 人々に愛され続ける靴”
細かいステッチ、ベンチスタイルの靴底の削り出し、
一つ一つ木型に合わせて仕上げていく 昔ながらの製法で作られています。
靴作りの基本を重んじ、クラシックかつベーシックなデザインのR.U.の靴たち。
ずっと大事に履いていきたい靴です。 
店頭には4型並んでいます。どのデザインがお好みですか?
DSC00656.jpg

K

8月6日(水)・7日(木)・14日(木)・21日(木)

8月27日(水)~9月4日(木)まで夏休みを頂きます。

1900s.jpg 

8月27日(水)~9月4日(木)まで、cafe la famille共々、休暇を頂いております。


| main |