*イベント終了までこちらの記事がトップです

bake表


bakeurablog.png 

前回大変ご好評頂いたbakeliteの展示販売第二弾です



*前回の展示、ベイクライトについてはこちら



黒かと思うと緑だったり、光に透かすと違う色が見えたり、その独特の色合いが特徴的な素材であるBakelite

 


1907年に科学者 Baekelandが化学的に作った世界発の硬質樹脂です。
水よりも重く熱に強い(一度固まれば溶けることがない)という特性があり、現在のプラスティックとは少し異なります。

  

1920年代前後、アフリカン・アートなどの影響を受けたパリのミューズ、
ナンシー・キュナードなどによるバングル使いがフラッパー達のスタイルに影響を与えました。

bakenancy3.jpg


しかし1929年の世界大恐慌により高級な素材(象牙や翡翠、べっ甲など)を手に入れる余裕がなくなり、
比較的安価で新しい素材であるベークライトが代用され、ジュエリーが作られました。



  



またココ・シャネルなどによるコスチュームジュエリーと高級クチュールを組み合わせたファッションが
一般的な人々にも影響し、ベークライトやセルロイド、ルーサイトなどのジュエリーが流行しました。


 



しかし、1942年に第二次世界大戦が始まり、コストが安く安全に作る事の出来るプラスティックが発明され、
戦後、本物の宝石が手に入るようになって、ベークライト・ジュエリーへの需要は減っていきました。


 



1980年代に入ると、その独特の素材感と希少価値で再評価されはじめ、
もう製造されることのないベイクライト・ジュエリーはコレクターズアイテムに。


vogue.jpg 


シンプルな服装のアクセントにもなりますね。

無題  bakelady2.jpg



世界中のコレクター達を魅了し続けるbakelite jewelry。
コレクターの方も、初めてご覧になる方も、楽しんでいただきたい展示です。

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する