宮城県牡鹿半島より、funagoyaのfisherman's wool knit capが届きました。




kegoyaの熊谷茜さんとの出会いがきっかけで、funagoyaのフィッシャーマンズニットが生まれました。


震災後から支援というかたちでエコたわしを編んで来た牡鹿のお母さんたち。


「支援というのはおわって、仕事してがんばりたい。毛糸で何かをあみたいです。」


こうしてスタートしたのがfunagoyaのフィッシャーマンズニットなのです。



ブラウン



ブラウンヘザー(ブラウンにグレーが混ざったようなお色)



ナチュラル



未脱脂のバージンウールで編まれており、暖かくて、締め付け感がなく、ストレスを感じないニットキャップです。





Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する