ネパールの手織り、無染色のパシュミナストールが入荷しました


パシュミナはとても細くて繊細な繊維なので手織りでなければならないと言われますが、

そもそも電力事情の悪いネパールでは毎日計画停電があり、

発電機のある大きな工場などでない限り機械に頼って物を作るのは難しいのだそうです


手織りなので空気を含み、パシュミナ100%なので本当に柔らかくて暖かくて軽く

この時期、身につけたらたら手放せなくなりそうです

約70x200cmの大判サイズなのに重さはわずか120g程です

今回は主に染色されていない、カシミア山羊自然の色の糸を使ったものを入荷しました