オールドマンズテーラーさんのアトリエは山梨県富士吉田市。
織物産業で栄えた街だそうで、今やリネンといったら必ず名前が挙がる『R&D.M.Co-』や『ALDIN』は
ご兄弟で手掛けているブランドです。

布地をデザインし、糸を選び、配色を考え、機械で織り上げ、洗濯にかけ天日干しをして・・・と、
1つ1つの工程を家族や職人さん達で作り上げているキッチンクロスなどは、定番商品として当店でずっと扱っていますが、
フランスのアンティークリネンのように、日常でずっと使いたくなるようなアイテムです。

そして、今回ご紹介するストールも、もちろん全て日本製です。
少し肌寒い時でも今日のように日差しが強い時でも、いつも持ち歩いていたいアイテムですよね。
またコーディネートに色を足したり、まとめたりするのにも、この1アイテムプラスするだけで雰囲気が変わったりするので、
とても便利なアイテム。


まずは 105cm×105cm スクエアの大きめショールです。
ブラックとホワイトの糸で織ってあるので、全体はグレーっぽい印象なので取り入れやすいですね。
端にはブラックとホワイトのタッセルも施されています。
柔らかく肌なじみの良いリネンなので、羽織ったり巻いたり…と色々と楽しめそうです。
DSC01762.jpg DSC01763.jpg

こちらは50cm×200cmのカーキとベージュのストール。
少し張りのあるリネンは、使っていくうちに柔らかいコットンガーゼのような手触りになっていきます。
この張り感がお好きな方は、手洗いで洗ったあと少し広げて乾かすと、自然なしわと張りのある感じに仕上がるそうです。
DSC01765.jpg DSC01766.jpg


DSC01772.jpg DSC01771.jpg

来月には、こだわりの製造過程や想いなどが綴られたオールドマンズテーラーさんの書籍が発売されるようです。
作り手の想いなどが伝わると、使う側としてもその作り上げられたものへの気持ちがさらに込められて、
益々好きになりますよね。

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する