朝からたっぷり朝食をいただいて、蚤の市へ
30-1.jpg

フランスの田舎の蚤の市は、一般の人も参加しているのでいろんなものが売っています。
大きな二つの蚤の市に行って時間切れでした・・・
写真をと思っていたのですが、ついつい夢中になってしまい、ごめんなさい・・・

田舎での最後のシャンブルドットはHameau de Lauseraie(http://en.likhom.com/site_adherent.asp?site=lauseraie.free.fr&code=NO6106002)
ナビの住所検索では出てこなくて、強引に地図と照らし合わせて目的地にしたところ。
どんどん山奥に入っていってとても不安でしたが・・・”Lauseraie”の看板らしきものが見えたところを入っていくと・・・
30-2.jpgなんとも可愛い農家風の建物が。ここはロワール地方になるので赤い屋根です。
素敵なムッシュが迎えてくれて、地元で友達とつくったオーガニックのリンゴジュースをいただきました。
ムッシュはフォトグラファーでアーティストのお父さんはなんとジャン・コクトーのお友達。
コクトー、お父さん、2歳のムッシュが写った写真を見せてくれました。
15年前にこの古い農家を買って、ほとんど自分で修理したとか・・・
私達がブロカント好きだというと、可愛いガレット屋さんを教えてくれました。

ここも農場の真ん中の古い家。凄い屋根の角度ですねー。そして何よりもマダムが可愛かった。
どうやらもえちゃんを完全に子供だと思ったらしく、”ジョリ、ジョリ(可愛い、可愛い)
と頭をなでてもらい、最後は飴をもらいました・・・店中アンティークだらけです・・・
30-3.jpg 30-4.jpg

宿にもどってみると、お部屋も素敵です。この建物は下にキッチンが付いていて、フランスではGiteと呼ばれる、
長期滞在用のものです。フランス人はこんなところでゆっくりvacanceをすごすんですねー。
30-5.jpg

朝起きると、外のテーブルに朝食がセットされていました。
30-7.jpg

ムッシュはホテルやシャンブルドットの本も作ったことがあり、とてもおもてなし上手。
部屋にはお花が飾られ、朝食のテーブルには一人ひとりにラベンダーのお花を添えてくれました。
30-6.jpg

そしてムッシュに大笑いされながら、パンパンの車に乗り込み、パリへ。
頑張って英語で話してくれた人たち、ボディランゲージに付き合ってくれた人たち、
わからないといってもめげずにやさしく話しかけてくれた人たち、
みなさんとても親切でした。本当にありがとう。
素敵な場所で暖かく迎えられるのは、本当に嬉しいことです。
私達も、みんなでそんな場所をつくれるといいね・・・
30-8.jpg




Comment

私達はイングランドに行って来ました。
いつも楽しませてもらっているファミーユさんが大好きな数見です。
フランスも素晴らしい所ですね。何処を撮っても絵になる風景、日本には少ないですよね。景観や古いものをいつまでも大切にする…そんな気持ちを日本人はもっと見習うべきだと思います。
また近いうちに嫁さんや友人達と行きますね。
その時にフランス旅行の話を聞かせてくださいませ(^^)/
Re: 私達はイングランドに行って来ました。
にゃんちゅーさん、お久しぶりです!コメントありがとうございます。
わたしも全く同感です。日本にも長い歴史と美しいものがあるのに・・・
わたしたちもイギリスにも興味深々ですので是非お話聞きたいです。
そしてよければお写真など見せていただければ嬉しいです!
みんなでお待ちしています!

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する