新しく店頭に並んだ 皮革ケア用品を製造している「TAPIR」のご紹介です。

DSC08582.jpg

皆さんは、革製品をどのようなものでお手入れしていますか?

巷で売られているワックス製品のほどんどは、石油系オイルや有機溶剤、石油化学系の乳化剤や酸化防止剤などが含まれています。
しかしこれらの素材は環境や人体に有害な影響をもたらします。
またそれだけでなく、実は自然素材である革にとっても柔軟性をなくしたり、ひび割れの原因となったり、悪影響を与えてしまうのです。

1983年にドイツの小さな村で誕生したタピール。
大切な靴を磨きたいのに、天然素材だけで作られたワックスがないから、それなら自分たちで作ろう!と始まったブランドです。
石油が登場する以前はどのように革ケアを行っていたか昔の文献などを調べ、天然の素材だけが皮革にとって最良のケアになるという19世紀の古いレシピを参考に作られています。

天然素材だけを使って作っているので、必要なものを必要なだけ採取し、その素材を生かす方法で製品にしています。
また、それぞれの植物性原料は有機栽培されたものを使い、遺伝子組み換えされたものは使っていません。
原料、使用目的、産地などレシピ以外の情報は積極的に開示しています。
もちろん動物実験はせず、環境負荷軽減のためにドイツ自然保護連盟の活動を行っていたり、
南アフリカのバクの保護基金を支援したり、ネパールの病院の活動を支えたりもしています。


DSC08587.jpg
栄養を与える「レーダーバルサム」や革に浸透しながら美しい艶を出してくれる「フリーゲクリーム」だけでなく、
お手入れの際の道具も入荷しています。
一番大切なことは、使ったらブラシをかけるということ。
使った後に必ずブラシやクロスなどで汚れを落とすようにしていると、
ケアの頻度が少なくて済みますし、汚れが落ちづらくなるのを防いでくれます。

ずっと愛用出来るものを選んだ大切な革ものを、ずーっと大切に使えるように、メンテナンスにもこだわってみませんか?

K

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する