ヴィクトリアンとはイギリスがヴィクトリア女王の時代、
そしてエドワーディアンとはエドワード7世の時代。
その時代の文化や服飾品をアメリカでもイギリス国王の名で呼んでいます。


こちらはエドワーディアンから1930年代頃と思われるブラウス。

IMG_3194.jpg



チュールレースやアイレットレース、貝ボタンがとても綺麗に組み合わせてあります。

IMG_3197.jpg 


1920年ごろのコットンドレス。

IMG_3285_20150608123038bf5.jpg IMG_3287_20150608123214345.jpg


刺繍やコットンのレース、肩の繋目部分が可愛いですね。
隣はもう少し古い時代の下着と思われるもの。

 IMG_3288_2015060812321547b.jpg IMG_3301.jpg


スカラッピングに胸元の刺繍も素敵です。肩部分はボタンで外せるようになっています。

 IMG_3302.jpg IMG_3303.jpg


こちらも胸元が素敵なナイトドレス。

 IMG_3289.jpg IMG_3290.jpg


背中にイニシャル刺繍が入っていて、サイドにはフレアーを出すための布がとてもきれいに
入っています。これは布を無駄に使わない為の当時の裁断法です。

 IMG_3291.jpg IMG_3292.jpg


ヴィクトリアンのペチコート。
バッスルといわれる腰当でお尻を膨らませていたので後ろ側にだけギャザーが入っています。

 peti1.jpg peti2.jpg 


贅沢にあしらわれた裾のレース。そして小さなポケットが…当時の女性達はここにお金を隠しておいたんだとか。

 peti4.jpg peti5.jpg 


1900年前後と思われるフランスで仕入れた靴。サイズは22.5~23くらいまで。

 IMG_3322.jpg IMG_3323.jpg 


1900年から女性の権利も服装もどんどん解放されていきますね。
正にその時代を舞台にしたdownton abbey, おすすめですー。Rさん、ありがとうございます。

                                                      c

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する